• GoogleMapsAPIでデータをビジュアル化

    ネット上では地図を貼り付けたサイトを良く見かけます。
    地図を活用した高度なサイトから個人のブログまで様々な場所で目にする地図は、多くの場合GoogleMapの機能で実現されています。

    GoogleMapsAPIforWorkについて学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

    そして、その地図を貼り付けるために利用されているのがGoogleMapsAPIです。APIとはApplicationProgrammingInterfaceの略で、外部のアプリケーションの機能を利用するための橋渡しを行う機能のことを言います。

    GoogleMapsAPIは、単に地図を表示するためだけでなく、様々な活用がなされています。

    例えば、GPSとあわせることで、位置情報を表示することもできます。

    車両を多く利用する運送業などにおいて、自社の車両が現在どの位置にいるかといったことを把握することができます。

    GPSデータはそれだけではただの数値であり、地図に表示して初めて意味をなすといえますが、その地図の機能をGoogleから提供を受けることで、簡単に情報をビジュアルかできます。
    GoogleMapsAPIを使うことで、様々なデータを地図と組み合わせることができます。アンケート結果を地図を組み合わせることで、結果をより目に見える形で表示することができます。

    多角的な視点からgoo ニュースに関する詳細はこちらです。

    結果に合わせて地図を色分けして表示するといったことも可能です。



    自分の持つデータに、地図というビジュアルを加えることで、アイデア次第で様々な活用法を見出すことができるでしょう。