• サービスで活用されるGoogleMapsAPI

    GoogleMapsは地図を見ながら近辺の情報を収集したり、目的地までのルートを検索したりと多くの場面で役に立つアプリケーションです。
    検索をかければ自分の現在位置がすぐ表示され、目的地までの移動の仕方、所要する時間、移動距離を簡単に調べられます。これは個人的な使い方ですが、ビジネスの面でも大いに活用されスマートフォンのアプリやwebサイトのサービスで使用されています。


    GoogleMapsをアプリやサイトのサービスに利用するために必要なのがGoogleMapsAPIです。


    GoogleMapsAPIを使うとプログラムから操作して、地図情報をサービスやアプリに組み込めるようになります。

    このAPIが使用されていて世間一般で広く認知されているのが、飲食店などの店舗検索サービスや不動産情報サイトやとこれらのアプリです。

    GoogleMapsAPIforWorkの情報を今すぐ確認できます。

    店舗検索サービスでは、住所を入力または項目を選択すると地図上にその店舗が表示されます。


    さらに、その店舗までの最寄りの駅からの最短のルートが表示されるものもあります。

    不動産の情報サイトやアプリでは、ある一定のエリアで検索をすると地図上に条件にかなう物件の表示が可能です。

    この周辺の地図情報を見ながら、物件の立地や環境を調べられるようになります。

    オンリーワンのロケットニュース24のことならこちらをご活用ください。

    さらに、ストリートビューに切り替えると実際に街の中を歩いているように、近辺の店舗や建物を見ながら物件を比較することも可能にするものです。



    このように自社のサービスを充実させるために、さまざまな企業のGoogleMapsAPIの活用が増加しています。

  • 納得の真実

    • GoogleMapといえば、ネット上で活用される地図サイトとしてはもっとも有名といえるサイトであり、ネットやスマートフォンを使って多くの人が利用しているでしょう。一方、自身で開発したアプリケーションやWebサービスなどで地図の機能を活用したい場合に、多く用いられているのがGoogleMapsAPIです。...

  • 社会の特徴紹介

    • ネットでお店のサイトを訪れた時、Google提供のマップがお店の住所を示すページに掲載されているのを、見たことのある方も少なくないでしょう。ページをリロードしなくとも、ドラッグで表示地点を変えることができるため大変便利です。...

  • 社会の情報まとめ

    • ネット上では地図を貼り付けたサイトを良く見かけます。地図を活用した高度なサイトから個人のブログまで様々な場所で目にする地図は、多くの場合GoogleMapの機能で実現されています。...

  • 詳しく知りたいなら

    • GoogleMapsAPIは、GoogleMapsにリンクして位置情報を的確に示すことができる非常に便利なAPIです。そのため近年では様々なサイトに利用されており、従来は地図を表示していたサイトにおいてもGoogleMapsAPIを利用することでより精度の高い表示ができるようになりました。...