• GoogleMapsAPIの特長を生かそう

    GoogleMapsAPIは、GoogleMapsにリンクして位置情報を的確に示すことができる非常に便利なAPIです。

    GoogleMapsAPIのホームページをチェックしましょう。

    そのため近年では様々なサイトに利用されており、従来は地図を表示していたサイトにおいてもGoogleMapsAPIを利用することでより精度の高い表示ができるようになりました。

    さらにGoogleMapsAPIが普及した背景には、スマートホンの登場があります。
    スマートホンでは移動しながら地図を見ることができるほか、道案内なども位置情報が分かればアプリで行うことができるので、非常に便利な機能となっています。
    通常アプリでは自分で目的地を登録し、その目的地に対してのルートを表示するのが一般的ですが、GoogleMapsAPIを利用することで表示された位置情報を自動的にアプリにコピーし、これを目的地としてルート検索を行うことが可能となります。

    どんな人にもYOMIURI ONLINEに関する特集の情報が満載です。

    さらにGoogleMapsAPIでは、ストリートビューと連動することもできるので、目的地周辺の様子を実際の映像で確認することができます。



    従来はこれらの周辺の様子を見る人に伝える場合、自ら写真を撮ってサイトに貼り付ける必要がありましたが、周辺の様子が刻々と変わるような場合にはそのたびに写真を撮影し掲載するのは非常に手間がかかるものでした。

    しかしストリートビューの映像を利用できることで、非常に簡単に様々なことが実現できる上、利用する顧客に対しても手間のかからない実用的な機能を提供することができるようになります。